モデルハウスを見学して学んだこと

1.間取りや設備の特徴が分かる

家を建てるときは多くのお金がかかるため失敗をしたくないもので、モデルハウスを見学してから考えることにしました。モデルハウスは実際の住宅物件を目で見て確認でき、会社のスタッフと相談でき設備の特徴を教えてもらえます。間取りは家族が安心して暮らせるようにしたいもので、設備は少しでも長く使える素材を使っているか確かめることができました。

2.地震や火事に強いことを知ると効果的

モデルハウスは会社が物件の特徴をアピールするために行い、地震や火事が起きた場合にも安心して住めるように決めることが望ましいです。地震や火事は忘れた頃に起きやすく備えておかないと家を失うことになり、設備の構造や耐用年数を確かめて選ぶことが重要だと感じました。家を建てるときは維持管理にかかる費用も考える必要があり、初期費用が高くなっても損をしないようにすることがベストだと分かって良かったです。

3.住みやすい家を探すきっかけになる

田原市でモデルハウスの見学は無料でもでき、設計や建設の担当者が詳しく説明してくれるため勉強になりました。このため、注文住宅を建てる前に完成した家の様子をイメージでき、ミスマッチが起きないようになって住みやすい環境を作るきっかけになったと感じたものです。