音楽室のある間取りの注文住宅が素敵で住んでみたい

1.1階に音楽室がある間取りがいい

音楽室のある間取りの注文住宅がいいなと感じます。6畳ほどの防音対策がなされた防音室にして、近くにトイレを、玄関に繋がる通り道を作ります。トイレがすぐ近くにあると安心感がありますし、玄関に繋がる場所に音楽室があれば、音が室内ではなく、外に流れる構造となり、音対策にもなると思います。

横はキッチンにして、シンクを話して設置。壁側には棚やクローゼット的な収納スペースを設けて、音が伝わりにくくするのです。

2.リビングは10畳でタタミコーナーを4畳にする

リビングは10畳ほどにして、そこから階段で2階に上がれるように設置。玄関の方には4畳ほどのタタミコーナーを設けて、食事をしたら裸足でくつろぐのもいいなと感じます。

床の間をつくり、趣味の生け花を飾り、壷や掛け軸も飾り、お正月や誕生日など特別な日に着物を着て食事をするスペースにします。

3.2階には6畳の部屋と風呂場のある間取りにしたい

2階には6畳の部屋を3部屋と、お風呂場と洗面室がある間取りにしたいです。子供部屋を隣り合わせにして、3畳ほどのワークスペースを挟んで寝室を。

2階の部屋にはそれぞれ窓が2つ設置するようにして、風が流れるようにします。

バルコニー側には湿気がこもりやすい洗面室とお風呂場がある宇都宮市で間取りにするのが夢です。窓を開ければ、風がスーッと外から入ってきて、お風呂場まで到達。

いちいち1階に下りることもなく、2階でお風呂に入れるのは魅力的です。