階段は安全が一番。

家の場合、二階があるところは階段が必要です。その階段についても、モダンなものやその他のいろいろな階段がありますね。その時、階段について一番大切なことは安全なモノであるかどうかということです。その階段の安全面について、ご紹介します。



・無理のない傾斜である

昔の階段を思うと、実家の階段などとても急であると思ったりします。それは、とても危ないことですね。手すりがないと、とてもではないですが降りることがむつかしくなります。その時、急いで降りたりするとたちまち怪我をしてしまうこともあると思うのです。急な階段ではなく、傾斜が緩やかなものが一番です。



・手すりがある

今の階段は、ほとんど手すりがあります。手すりがないと、とても危ないです。そのことは、若いうちはいいのですが、年を取るとますます感じることではないでしょうか。



・滑り止めがある

階段を下りている時に、間違って踏み外してしまうことがありませんか?階段の場合は、傾斜があるのでその時大怪我をしてしまうかもしれません。そのため、滑り止めを階段につけることをおすすめしあす。