断然天井の高い家がいい!。

新築一戸建てを買うなら、やはり天井の高い家が欲しいです。理由の一つとして、まず自分の身長が高いことがあります。



実家の家は築80年以上の古い家だったのですが、天井も低めで特に襖の梁が低く、くぐって歩かなければいけない状態で、事ある事にその梁に頭をぶつけていました。



天井が低い家は確かに落ち着くのですが、背伸びをすれば天井に手が届いてしまう状態だったので、どうもあの圧迫感が気になります。



もう一つはオーストラリアに留学に行った際、ホストファミリーの家が天井がものすごく高く、快適でおしゃれに感じたことです。



それまで家で背伸びをすれば天井に手が届いていたのですに、全くそれもなく、心なしか自由な気分に慣れたのを覚えています。



観光地の近くだと、景観も考えて建物を作らないといけない場合もあったので、新築でも意外に平屋多く、そのせいか、天井を若干高くしていたのかなと最近では思っています。



実家の天井が低い家から、海外の天井の高い家にすんだ時のあの開放感は未だに忘れられません。もしこれから家を買うのであれば、天井の高い家は必須です!