愛知県で新築一戸建てを建てる工務店のタイプ。

「地元の工務店の人情味」

ものすごく月並みな感想になるのですけれど、「地元の工務店とハウスメーカーの違い」を聞かれた場合、まず最初に口から出てくる言葉と言えば、「地元の工務店の方が親切!」ということですね。本当にまあ、「地元の工務店によりき」なところが大きいのですが。

うちの地元の工務店に関して言えば、本当に「身近なおっちゃん」という感じで、まず親しみがあるのですよね。けれども実はインテリなおっさんで、地元の工務店の社長と跡取り息子は一級建築士の免許を持っていますし、設計士だって兼ねていますし。ですから本当に「頼れる身近なおっちゃん」なんです。

一方のハウスメーカーときましたら、まあ良くも悪くも礼儀正しい温度のない接客じゃないですか。トラブル対応でない時は、それでもいいとは思うんです。しかしトラブル対応にしまいても、そのような温度のない接客ですから「ちょっと違うんじゃない!」と、怒り心頭に発することもあるのです。というか実際にありました。

「ハウスメーカーは待ち時間が長い?」

やっぱりハウスメーカーって待つ場合は長いじゃないですか。ハウスメーカーが建てたモデルハウスの見学の際もそうですし、ハウスメーカーの事務所にて話し合いをする時も、まあやたらと待たされるんです。そしてさらには、電話の取り次ぎに関しても待たされるのが当たり前な感じで…。

ハウスメーカーに電話をかけたら、たいていは電話番なのかと思われる女性が出て、そして「担当者に代わります。少々お待ちください」となるのですよね。しかし、待ち時間は「少々」どころじゃないですから。保留音にされたまま何分も待たされると、誰だって腹が立つことでしょう。「5分以上が経過したら“少々”じゃないだろ!」とは思いますよ。しかも電話代はこちらもちですしね。

それで一般常識のある社会人なら、待たせる時間が長くなりそうなものなら「折り返しの電話」にするでしょう。すぐに担当者に代われると思って待たせたとしても、時間を気にするものでしょう。しかしそれをまったくしていなくて、毎度待たせすぎているハウスメーカーが実際にありましたので、それで「もうハウスメーカーはいい!ノーセンキュー」となってしまったのです。

そしてそこからの地元工務店ですから、「地元工務店対応いいわー」ともなりますよ。すぐに担当者、というか現場も担当して設計もしてくれる跡取り息子の携帯電話を教えてくれましたからね。しかも話が通るのも折り返しの電話も早いものですから。

「レスポンスの速さは光る!重要!」

小さいことに思うかも知れませんが、「レスポンスの速さ」って大事ですから。「レスポンスの速さ」が地元工務店はピカイチだという点にしても、ハウスメーカーとの大きな違いを感じましたね。社会人としてのマナーにしても、ハウスメーカーよりも地元工務店の方が輝いていましたから。

まあしかし、たまたま私があたった「ハウスメーカーの社員」がなっていなくて、そして私の地元の「工務店」がたまたま非常に優良な会社だったということかも知れませんので、一概には言えませんけれど。

㏚|健康マニアによる無病ライフ
  女性向けエステ.com  
  マッサージのリアル口コミ.com
  住宅リフォーム総合情報
  英語上達の秘訣
  英語上達の秘訣
  ダイエットチャレンジ
  AGAでお悩み解決
  エステサロンを上手に利用する情報サイト
  健康に役立つ口コミ情報